スポンサーリンク
乾物

おいしい乾物,昆布,わかめ,のりの種類と成分(わかめと昆布のちがい)

乾物は干すこと、(水分を抜く)太陽エネルギーを浴びることによって栄養価が何倍にも上がります。 さらにおいしさもUPいたします。 もっと良いことに保存性も長くなります。 良いことずくめの日本伝統の食材を活用しましょう。
乾物

今,干し芋が熱い/おいしい乾物,干し芋,干し椎茸,凍り豆腐の種類と成分

乾物は干すこと、(水分を抜く)太陽エネルギーを浴びることによって栄養価が何倍にも上がります。さらにおいしさもUPいたします。 もっと良いことに保存性も長くなります。 良いことずくめの日本伝統の食材を活用しましょう。
乾物

ウィズコロナの常備用食材『乾物』の『切り干し大根』は、代表選手です。

干し大根に最適なのは、「青首大根」です。 生の大根と比べ、タンパク質や炭水化物、カルシウムが大幅に増加。 カリウムも多いので、体内の余分な塩分を排出してくれ、高血圧の予防に役立ちます。 血中コレステロールを減らし、整腸作用のある食物繊維や、貧血を予防する鉄も豊富。 便秘や貧血に悩むときは、とくに意識して摂りましょう。
乾物

おいしい発酵食品&保存食,ウィズコロナの食材「乾物」の基礎知識

太陽のエネルギーがもたらす作用は大きく、殺菌、漂白、保存、旨味、味、香りビタミンはじめ多くの栄養分を増幅させる力が発生しまします。 例えば大根、生では、大根おろしに見る消化酵素ジアスターゼがありさっぱりとした清涼感が味わえます。 それを干し大根にすることによってビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維など多くの付加価値が生まれるわけです。 生椎茸から干し椎茸、生昆布から乾燥昆布、夕顔から干瓢、生かっおからかつお節が作られてきました。
発酵食品

おいしい健康長寿な発酵食品とは,強みは整腸作用の味噌,ヨーグルト,塩麹ほか。

そもそも「発酵」とは何なのでしょうか。 分解された栄養素が、新たな効能を生み出す微生物のはたらきにより、 新たな栄養素を生み出す 食品の毒性が下がる なかでもとりわけ、本来なかった新たな栄養素を生み出すという点が、発酵食品の大きなメリットです。
発酵食品

発酵食品は長寿食だ,健康になるために食事を考えればIQもあがるかも!

健康と食事を真剣に考えてみませんか? 加工食品を見直しましょう、日本には発酵食品があります。シリコンバレー発、最強の食事は目からうろこの話ばかりです。
チーズ

山羊(シェーヴル)と羊(ブルビ)のチーズを知ってますか?おいしい発酵食品。

山羊のチーズ(シェーヴル)と羊のチーズ(ブルビ)を紹介します。 日本ではまだ一般に普及しているものは少ないのですが、シェーヴル独特の酸味とさっぱりとした食後感、ブルビのコクがあって、ねっとりした口当たりは、一度試してみる価値があります。
チーズ

おいしい発酵食品,白カビタイプのチーズってどんなチーズ?味と種類。

白かびが作る酵素によってタンパク質が分解され表面から内部に向かってチーズの組織が柔らかく変化していき風味も濃厚になっていく。 原料になるのは牛のミルクが主流だが山羊乳清や羊乳清のものもあり、サンタンドレ、バカラ  最近ではクリームを加えて脂肪分を高くした新しいタイプの白カビチーズも販売されている代表的なチーズはカマンベール、ブリサウルス、
チーズ

発酵食品,セミハード&ハードタイプのチーズってどんなか知ってますか?種類と味

比較的クセがなく、食べやすい圧搾タイプのチーズです。 チーズフォンデュなどの料理に使われ、火を通すとなめらかでおいしくなるものが多いのですが、ぜひチーズ単独でも試してほしいものです。 まろやかでありながら、 コクのある味のとりこになるでしょう。 漫画「トムとジェリー」に出てくる大きな孔のあいたチーズはエメンタールです
2020.07.27
チーズ

おいしい発酵食品、青カビチーズを知ってますか?種類と味と

青かび  Blue Cheeses 大理石の模様のようなカビが入った青カビのチーズ。  ピリッとした刺激と強いにおいがあり、 塩けが強く、 味の濃いチーズです。
2020.07.27
チーズ

おいしい発酵食品,世界の「ナチュラルチーズ」知っておくべき!20種

世界のナチュラルチーズ20選 知ってるチーズ 知らないチーズ チーズの世界を楽しみましょう。
チーズ

おいしい発酵食品、「チーズ」種類と選び方&白カビ,青カビ,ウォッシュ,シェーヴル,他

そもそもチーズとはなにか。 昔から私たち日本人になじみのあるプロセスチーズですか? すっかり人気の定着したカマンベールでしょうか? それともモッツァレッラでしょうか? 簡単に言えば、チーズとは乳酸菌で発酵させたり酵素で固めたりしたミルクから水分を抜いたものです。
発酵と微生物

カビ対策どうしてますか?常識と非常識&効果的なカビ剤とは?

今日の防カビの技術水準は、日本が世界で最高です。 効力や性質がより優れた防カビ剤を望む声が聞かれますが、それよりも、いま入手できる防カビ剤を合理的に活用する技術を向上させることと、それによって激しいカビ被害に対する的確な防止対策を確立することが先決です。
発酵と微生物

身近なカビどうしてますか?いろんなところのカビ対策,食品カビからエアコンカビ

頭の痛いカビ対策 カビについての常識・非常識、知ってること、知らなかったこと、情報が氾濫しています。一つづつ整理していきましょう。 カビはこすっても意味が無いのです。
発酵と微生物

カビについて知っていますか?食中毒・アレルギー・水虫・真菌症(カビ対策には乾燥が必要)

健康な人の皮膚の表面、口腔、鼻孔中、目の中などあらゆる場所に健康を守り、病原菌の発育を阻止する微生物が数多く活動している事実をよく理解する。 人の健康に脅威を与える恐ろしい細菌とカビが人の身体の内外で猛威を振るわないように、微生物が各所でミクロの戦いをして人体を安全に守っているのです。 この大切な微生物の活性を低下させないように努力する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました