温泉の効用はミネラルの種類とその含有量で決まるものです。

最近のコメント
    ミネラル
    スポンサーリンク

    温泉の効用はミネラルで決まる

    日本の国土は火山が多く、年間降雨量の多い国です。
    このため全国いたる所に温泉が湧き、人々の生活に潤いを与えてくれています。
    しかし火山が多いということは、それに対応して土壌に含まれるミネラルの偏りも大きく、これが各地に点在する温泉の効能にいろいろな違いをもたらしています。
    たとえば、草津温泉は弱酸性の硫黄泉だから神経痛、皮膚病などに良い、また上諏訪温泉はカルシウムや確酸塩が多いので消化器系の病気、リュウマチに効くなどと、温泉の選出する場所によっていろいろな違いがあります。
    これはその温泉に溶け込んでいるミネラルの種類とその含有量で決まるものです。
    以前に説明したいろいろなミネラルの働きによるものです。
    このようにいろいろなミネラルは体内で活躍するだけでなく皮を通して病気の治療や健康増進にを立っています。
    ところで、温泉とは広辞苑によりますと地熱のために平均気温以上に熱せられて湧き出る泉と定義されています。
    また、多少のミネラルを含み、浴用または飲用として医療効果を示すものとされています。
    この場合、平均気温以上とはわが国の温泉法では摂氏25度以上の湧水を温泉と呼んでいます。
    このため、湧水の成分が温泉と同じでも、その水温が低ければ、これを鉱泉と呼びます。
    また日本の温泉法では湧水の中に遊離CO2の、ストロンチウムイオン、マンガンイオン、ラジウム塩など、定められた16種の元素のうち、いずれか1つが混入されていれば温泉と言うわけです。
    さて温泉の分類にはこのほか塩類泉、単純泉、特種成分を含む療養泉など、またペーハー(水素イオン濃度)によって分類する強酸性泉(Ph2以下)、酸性泉(Ph2~4)、弱酸性泉(Ph4~6)、中性泉(Ph6~7.5)、弱アルカリ泉(Ph7.5~9)、アルカリ泉 (Ph9以上) などがありす。

    ●温泉の効能は溶容け込んでいるミネラルによって異なる
    ●温泉は摂氏25℃以上の湧水
    ●皮膚を通しても病気の治療や健康に役立つ

    スポンサーリンク

    アルツハイマー病はアルミの摂りすぎか?

    アルミニウム(Al)は神経系に多く分布し、脳内濃度はそれほど変化しません。
    また、アルミニウムはスクラルフアートとして制酸作用や抗潰傷の薬理作用があります。
    その他アスピリンアルミニウムは鎮痛、解熱作用があります。
    しかし、アルツハイマー型痴呆症患者にはアルミニウムの脳内 (臭覚系)濃度が異常に高いことから、アルツハイマー病はアルミニウムの脳内蓄積が原因ではないか、と疑われています。
    なお、これに関し、1980年代の後半に、イギリス、カナダを中心に疫学調査が行われ、水道水に含まれるアルミニウム濃度の高い1リットルあたり0.11ミリグラム以上)の地方と低い地方でのアルツッハイマー病の発症率に1.5倍ほどの違いがあることが確認されています。
    また、日本でも、これを裏付ける報告が、アルミニウムを扱う化学工場やその他の関係筋からいくつか報告されています。
    さらに、NHKの深夜放送で、海外の最新情報を伝える「ワールドネットワーク」でも、カナダ、アメリカでアルミニウムとアルツハイマー病の関係がいくつか報道されていました。
    この関係には敏感で、数年前からアルミ鍋やヤカンを使わないよう努力しています。
    例えば、煮物の場合はステンレスかホーロー鍋を、また湯わかしなどには南部鉄ビンを使っています。
    ところで、 台所の調理器具や食器類などを見ると随分このアルミニウムが使われています。
    その理由はいろいろありますが、アルミは比較的値段が安く、重さが鉄の3分の1、展性、延性に富み常温では酸化しない銀白色の柔らかな金属だからです。
    またアルミニウムはいろいろの食材と接触しても毒性が少ないなどの理由が挙げられます。
    なお、台所用品にはアルミの表面に篠酸溶液中で陽極酸化させ表面に酸化アルミニウム皮膜を形成したものが使われています。
    一般にこれをアルマイトと呼んでいます。

    電子レンジで水がおいしくなるか

    味の旨味を出すには、酵素や有機質に作用する力が必要で、これにはどうしても時間が必要なのです。
    そのため、電子レンジで水分子を強制的に振動させても、ほとんど効果がないわけです。
    したがって、電子レンジは水や食品を過熱するために使うのがよさそうです。
    これに対して、酒に超音波 (電波ではない)を長時間照射すると、酒の味に多少の変化がみられます。
    これは酒の熟成効果に超音波エネルギーが一役買ったものと思われます。

    コメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    タイトルとURLをコピーしました