ウィズコロナ時代の免疫力、ニキビとふけに気を付けよう

最近のコメント
    にきび 免疫力
    スポンサーリンク

    デオドラント(招集芳香剤)は危険

    だれしもいい香りは好きなものだが、デオドラント(消臭芳香剤)は乱用すると腋の下にいるバクテリアが変質し、結果として感染の危険が高まりかねない。
    アクネ菌などのグラム陽性菌(グラム染色法で紫色に染まるもの)は、グラム陰性菌(赤く染まるもの)を損なう物質を放出する。
    これらの物質は有益ではあるが一方空気中に悪臭を発散させ、わたしたちの鼻をつく。
    そこで多くのデオドラントは、ブドウ球菌の一つ、スタフィロコッカス·へモリティカスのようなグラム陽性菌を除くことで悪臭を抑えるようにつくられている。
    都合の悪いことに、グラム陽性菌が極端に減ると、グラム陰性菌の増殖する余地が生まれる。
    デオドラントを塗りたくった結果、グラム陰性菌に感染しやすくなることもあるのだ。
    デオドラントの成分はどれも似たり寄ったりなので、好みで選べばよい。
    ただし、「天然」デオドラントの添加物に関する研究は乏しく、この調合剤がどのように体臭を減らすのかは定かでない。
    感染の危険性はわずかなので、単に使いすぎに注意したい。

    スポンサーリンク

    吹き出物やにきびの原因

    ニキビ

    この厄介なできものは、たいがい黄色ブドウ球菌が皮膚の下の毛包に侵入し、感染することが原因である。
    この感染がまつ毛のつけ根で起きた場合には、麦粒腫(ものもらい)と呼ぶ。
    吹き出物はふつう顔に見られるが、毛があるところならどこにでもできる。
    頻繁に手を洗い、顔に触れないようにすれば、このわずらわしい炎症の発生は抑えられる。
    だが、どんなに顔を清潔にしていても、ストレスや通常のホルモンの働きで分泌物が変質してできやすくなることもある。
    こうした場所のバクテリアはしばしば成長し、広がり、おできや膿傷(うみ)を生じさせる。
    この場合には、抗生物質はなかなか効かず、医師にできものを切開してもらうことになる。
    これと、抗生物質の摂取とを併用して、感染症を治すのが通例である。
    黄色ブドウ球菌はブドウ球菌のなかでもっとも危険で、体内組織に重い感染症を起こすので、吹き出物には注意し、心配なときは医師の診察をうけること。
    ティーンエイジャーにとって、より深刻な悩みの種はアクネ菌、ごぞんじ、にきびの病原である。
    皮膚のなかの皮脂腺という小さな腺が皮脂という脂肪様の物質を分泌する。
    アクネ菌はその皮脂を食べて生きているので、皮脂が増えれば菌も増える。
    思春期になると性ホルモンの生産が高まり、皮脂も大量につくられる。
    豊富な食料にひかれ、アクネ菌が侵入した結果、にきびができてしまう。
    広範囲に害を与える皮膚の炎症である。
    治療をしないと、顔などに跡が残るかもしれない。
    にきびの治療としては、皮膚をきちんと洗い、患部に抗菌·抗炎症性の軟膏を塗るのが望ましい。
    抗生物質が処方される場合もある。
    最近ではアキュテインというビタミンAに似た薬による治療も見られる。
    ただ、この合成薬には、頭痛、関節痛、筋肉痛といった強い副作用もあり、妊婦が服薬すると胎児に先天性異常が生じるおそれもあるので注意しなければならない。

    皮膚でいちばん感染しやすい部分は?

    頭と足の皮膚はほかの部分とはいささか異なり、表皮の下で問題を起こす真菌感染症にかかりやすい。
    こうした真菌は頭皮(ふけ)、鼠径部(いんきん、股部白癖)、足(水虫、足白癖)、爪(爪白癖)の死んだ細胞に住んでいる。
    たとえば、ふけというのは、頭皮のウロコ状の薄片をさす俗称。
    これは頭皮から分泌される脂質を食べて成長する酵母菌の一つ、ピチロスポルムに感染して剥離すると考えられている。
    真菌感染症が悪化すると、バクテリア感染も起こりがちだ。
    真菌は好湿性なので、足や鼠径部をつねに乾燥させておけば感染の危険が抑えられる。
    化繊の下着やソックスは避けること。
    皮膚表面から水分を吸収する木綿やウールのほうが望ましい。
    真菌感染症はたいがい抗真菌剤(殺菌剤)で治る。
    ふけのケアには専用のせっけんが必要だが、その多くは店頭で買えるものだ。
    ふけ症の人は(そういう人は多い)ブラシやくしを他人に使わせないこと。
    また、週に一度はこれらを水とせっけんで洗い、髪やほこりを除いておくこと。

    ふけ

     

     

     

     

     

     

     

    ◆「菌」 常識◆
    妊娠中もしくは妊娠予定の女性はアキュテイン療法をうけるべきではない。
    メーカーはアキュテイン使用中、または使用後1カ月以内の妊娠可能な女性には避妊をすすめている。
    またアキュテイン使用中は、 医師の指示なくビタミンA補給剤を摂取しないよう注意している。
    *アキュテインとは、「イソトレチノイン」と言うニキビの治療のための自費治療の飲み薬です。ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分です。
    アキュテイン(イソトレチノイン) | 医療法人秀黄会たにまちクリニック

     

    免疫力を上げるには?人間の皮膚には菌がいっぱいです。ウイズコロナの時代です。
    ヒトは母親の子宮を出たときから、成長に必要なバクテリア(細菌)、真菌(かびやキノコや酵母の仲間)、原虫(単細胞生物)を身につけている。 人体を構成する数十兆個の細胞の一部は、その十倍にのぼる数のバクテリアのすみかとなっている。 体表はさまざまな微生物でいっぱいだが、体内はそうでもない。 例外は...

    コメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    タイトルとURLをコピーしました