おいしい発酵食品レシピ,ベトナム鍋,味噌チゲ,海老と豆腐とそら豆と,町で見つけた発酵レシピ

最近のコメント
    発酵レシピ
    スポンサーリンク

    おいしい発酵食品レシピ,ベトナム鍋,味噌チゲ,海老と豆腐とそら豆と,町で見つけた発酵レシピ

    おいしい発酵食品レシピ「海老と豆腐とそら豆と」

    もっちり葛きりとぷりぷりえびのコントラストがおもしろ食感。
    アジアの香り漂う一品。 

     

    材料2人分
    1人分 405kcal 

    えび (車えびやブラックタイガーなど) 8尾

    紹興酒(日本酒でも可)少々

    塩 適量 

    片栗粉 大さじ1 

    太白ごま油 適量 

    そら豆 約10個 

    豆腐 1/2丁 

    白ねぎ 1/2本

    葛きり (乾物、きしめん状の形がよい) 50g 

    しょうが 適量 

    たかの爪 1/3本 

    酢 小さじ1

    チリインオイル(XO醤でもよい) 好み量 

    白コショウ 適量

    合わせ調味料、
    紹興酒(日本酒でもよい) 大さじ1
    とりがらスープ 大さじ2
    だし醤油 小さじ1
    適量
    白こしょう 適量 

     

    1. そら豆は塩ゆでし、殻をむいておく。 

    2.えびは殻、背わたをとり、塩、紹興酒、片栗粉をよくまぶして洗う。
    紹興酒、
    塩、白こしょうで下味をつける。 

    3…豆腐、戻した葛きりは食べやすい大きさに切る。
    白ねぎとしょうがをみじん切りに、たかの爪は小さく切って水につけておく。 

    4…合わせ調味料を混ぜて作る。 

    5. フライパンにごま油をひき、たかの爪、白ねぎ、しょうがを炒める。
    えびを
    加え炒め、豆腐、そら豆、葛きりと4の合わせ調味料、酢をからめてすばやく上げる。 

    6. 器に盛り付けて、チリインオイルを添える。 

    えびは洗ったあと、卵白、紹興酒、片栗粉をまぶし、
    油返しのひと手間をするとプリプリになります。

    ベトナム鍋

    夏でも冬でも食べたいほかほかメニュー。
    シーフードとレモンがとってもヘルシーなアジア鍋

    材料 2人分

    有頭えび  4尾
    ほたて  4個
    あさり  200g
    鶏もも肉  1/2枚
    春雨  30 g
    干ししいたけ  4枚
    ニラ  1~2本
    きくらげ(乾物)  カット5~6枚
    長ねぎ  1本
    日本酒  1/2カップ
    干しえび  10g
    にんにく  ひとかけ
    ニョクマム(ナンプラーでもよい) 大さじ2~21/2
    レモン汁  大さじ1
    五香粉  小さじ1
    塩  適量
    こしょう  適量
    砂糖  小さじ1
    香菜  1本
    キャノーラ油  適量

    レシピ-(一人357Kcal)

    1 鶏もも肉はひと口大に切り、 塩、こしょう、五香粉の半量をまぶしておく。
    2 春雨はお湯でもどし食べやすく切る。
    3 干ししいたけはぬるま湯、千しえびは水でゆっくり戻し、背わたをとる。両方の戻し汁をとる。
     きくらげは洗い、長ねぎ、ニラとともに一ロ大に切る。
    4 えびとほたてはきれいに洗っておく。
    5 砂を出したあさりは、1/2カップずつの日本酒と水で開かせ、だしをとる。
    6 鍋にキャノーラ油を少々入れ、3の干しえび、1を妙め、3と5のもどし汁をいれ、五香粉の半量、 砂糖を     加え3カップになるように水を加える。
    7えび、ほたて、 干ししいたけ、 きくらげ、にんにくを鍋に入れる。
      一煮立ちしたら、えびとほたては取り出しておく。
    8.. あくを取りながら、 春雨、 長ねぎ、ニラを加え、さらに一煮立ちする。
    9. ニョクマム、レモン汁、 こしょうをかけまわし、必要があれば塩で仕上げ、香菜をトッピングする。

    イタリアン野菜の味噌チゲ

    イタリア食材と韓国チゲのミックスは、新たなグルメの予感。
    旅の途中で生まれたレシピ。

    材料2人分

    豚肉薄切りロース (またはバラ) 150g
    キムチ 40gくらいから好みの量
    あさり 150g
    煮干し 10尾(30 g 前後)
    ズッキーニ 1本
    赤ピーマン 1個
    エリンギ(シイタケでもよい) 1パック
    豆腐 半丁
    おろしにんにく小さじ1/2
    コチュジャン 大さじ1/2~好みの量
    白味噌(日本のものでよい) 大さじ1
    おろししょうが 小さじ1/2
    レモン汁(お酢でもよい) 適量
    海苔ムッチム(韓国海苔のつくだに、なくてもよい) 好み量
    だし醤油 小さじ2
    ごま油 適量
    日本酒 1/2カップ
    きび砂糖 小さじ1弱
    塩適量
    こしょう 適量

     

     

    つくり方 一人分で750kcal

    1 豚肉、ズッキーニは食べやすい大きさに、豆腐は一ロ大に、 赤ピーマン、
    エリンギは縦長に切っておく。
    豚肉に塩、こしょうを少々、きび砂糖、 だし醤油、ごま油を各小さじ1弱で下味をつける。
    2 煮干しは、頭とわたをとっておく。
    3 砂出ししたあさりは、日本酒と水を
    加えて開かせ、身を取り出す。
    3カップになるまで水を足し、だしをとる。
    4 別鍋に少量のごま油を入れ、 キムチ、
    豚肉をからめながら妙める。
    続いてズッキーニ、赤ピーマンとエリンギを軽く加え妙め、塩をしておく。
    5.. 4の鍋に2と3を加え、 中火にかける。
    6 沸騰したらあくをとり、 弱火にしてコチュジャン、白味噌、 おろしにんにくとしょうが、豆腐、 あさり     を加える。
    煮干しは取り出してもよい。
    一煮立ちしたら、最後にだし醤油小さじ1を加える。
    7 火を止め、レモン汁を加えて味をととのえる。
    好みで食する際に海苔ムッチムをのせる。

    キムチは先に炒めることで、旨味も栄養価もUPします。
    煮干しをだしに加えるとかなり本格的になります。

    コメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    タイトルとURLをコピーしました