発酵食品は長寿食だ,健康になるために食事を考えればIQもあがるかも!

最近のコメント
    長寿食 発酵食品
    スポンサーリンク

    発酵食品は長寿食だ,健康になるために食事を考えればIQもあがるかも!

    いま、発酵食品のよさが見直されています。

    発酵食品とは、麹や酵母などの微生物の力を借りて発酵させた食品のこと。
    味噌やしょう油、酢やみりん、納豆や漬物など、日本の伝統食である保存食には、発酵食品が数多くあります。
    日本人は古くから、こうした発酵食品を食卓に取り入れ、日常的に食べてきました。
    それは日本人の長寿と無縁ではありません。というのも、発酵食には人間の腸内環境を整え、改善するという
    すばらしいパワーがあるからなのです。

    人間の腸には、約100兆個もの腸内細菌がすんでいます。
    その種類は400とも500ともいわれて、いいはたらきをする「善玉菌」、悪いはたらきをする「悪玉菌」、ふだんは何もしない「日和見菌」の3種類が混在しています。
    それらの腸内細菌によって腸内がびっしりとすき間なく敷きつめられている様子から、それを花畑に見立てて「腸内フローラ(腸内菌叢)」と呼んでいます。腸内フローラ

    健康な人の腸内環境は、善玉菌が多く、悪玉菌が少ないというバランスに保たれています。善玉菌は腸の消化吸収を助けるほか、外部から侵入した有害な菌を排除してからだを守るはたらきをしているため、つねに優勢であることが健康の土台であるわけです。
    しかし、残念なことに、加齢とともに善玉菌は減っていき、腸内環境のバランスは崩れていきます。

    その救世主となる可能性を秘めているのが、発酵食品です。
    近年、さまざまな研究から、発酵食には腸内の善玉菌を増やし、免疫力をアップさせる効果があることが明らかになっています。

    発酵食品が免疫細胞を正常にする

    そもそも免疫とは、本来からだに備わっている自然治癒力のこと。
    免疫力が高ければ病気にかかりにくく、かかっても軽症ですみます。
    逆に免疫力が低いと病気にかかりやすく、重症化しやすくなります

    免疫力を高めるには、白血球に含まれる免疫細胞のリンパ球を正常にはたらかせる必要があります。

    なかでもとりわけ重要なのが、リンパ球のなかの「ヘルパーT細胞」
    最近の研究で、この細胞がアレルギーや自己免疫疾患、さらにはがんの発症にも関わっていることがわかってきました。
    ヘルパーT細胞には1型(Th1)と2型(Th2)があり、2つの均衡がとれていることで、からだも健康な状態を維持しています。
    しかし、食生活の乱れやストレスなどの要因により、
    2型が優位になると、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー反応が強く出るようになります。

    また、発がんの危険も増えるといわれています。

    ヘルパーT細胞

    逆に、1型が優位になると、関節リウマチなどの自己免疫疾患にかかるリスクが高くなります。
    つまり、ヘルパーT細胞の1型と2型のバランスをつねに保つことが、病気を防ぐうえで重要なわけです。

    それに役立つのが、発酵食です。
    なぜなら免疫をコントロールするリンパ球は、その60~70%が腸内に集中しており、腸のはたらきが免疫力に大きな影響を及ぼすからです。
    発酵食は善玉菌を増やす魔法の食材といえるでしょう。

    味噌やしょう油、漬物、ヨーグルトやチーズなどには、発酵の過程で乳酸菌が豊富に含まれていますが、
    乳酸菌には1型を活性化するはたらきがあり、2型が優位になったときに2つのバランスを整えるのに有効 です。

    一時、「花粉症にはヨーグルトが効く」という風評がたったのは、決して間違っていないのです。
    また、納豆に含まれる納豆菌にも、同様の効果があることが実証されています。
    日々の食生活に発酵食品を取り入れることは、腸内環境を整えて、リンパ球のはたらきを正常に保ち、免疫力をアップさせることにつながるのです。

    健康な100歳以上の腸内フローラ

    腸内環境について興味深い研究データがあります

    それによれば、20代から70代までの腸内環境には大きな差が見られなかったものの、百寿者の腸内環境は大きく異なっていることがわかりました。
    具体的には、イソフラボンを植物性エストロゲンに変化させていたり、
    大腸炎の発症抑制効果がある腸内細菌が増えたりしていたのです。

    この原因については、まだ解明されていません。

    しかし、人間の腸内環境は加齢とともにバランスが崩れ、さまざまな炎症を起こしやすくなります。
    それがいわゆる老化なわけですが、百寿者の場合、加齢によって起こる炎症に対処できるように、腸内環境が変化したのではないかと考えられています。
    いいかえれば、腸内環境にそのような変化が起きた人が、百寿者になれるということなのかもしれません。

    加齢による炎症を抑える腸内環境づくりには、やはり「食」が重要です。
    とくに腸内の善玉菌を増やす発酵品を摂ることは、アンチエイジングの重要なカギになるのです。

    発酵食品を生み出す5つの菌

    発酵には、顕微鏡でしか見ることのできない微生物が大きく関わっています。
    微生物は、食材に含まれるデンプンや糖、たんばく質などを分解·合成して、新しい成分を生み出します。
    この代謝活動を「発酵」といい、発酵によってもとの食材にはないおいしさや栄養成分が加わった食べ物が発酵食品です。

    発酵を促す微生物にはいくつか種類がありますが、なかでも代表的なものが「麹菌」「酵母菌」「乳酸菌園」「納豆菌」「酢酸菌」の5つです。

    麹菌
    麹菌米や大豆などの穀物を、煮たり蒸したりしたときに繁殖する糸状菌(カビ)の一種。
    米を原料としたものが米麹、大豆を原料としたものが大豆麹で、日本の伝統食の味噌やしょう油、日本酒や焼酎などに幅広く使われています。

    その役割として、デンプンをブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に分解します。
    ブドウ糖は乳酸菌や酵母の増殖に必要なエネルギー源として、アミノ酸は乳酸菌や酵母の材料として使われます。
    また、乳酸菌や酵母に必要なビタミンなどの栄養素も供給します。

    酵母菌
    糖をアルコールと炭酸ガスに分解する際に用いられる微生物の一種です。
    ブドゥ糖を食べてアルコールを生成することから、各種アルコールの醸造に利用され、その用途によってビール酵母、ワイン酵母、清酒酵母などに使い分けます。
    種類が多く、パン、味噌、しょう油などにも用いられます

    植物の表面や空気中、土壌など、自然界のいたるところに存在する菌ですが、現在では発酵食品に合わせて、もっとも適した酵母菌を純粋培養し、雑菌を取り除いたものが使われています

    乳酸菌
    糖を分解して栄養分とし、増殖しながら乳酸をつくる細菌のこと。
    乳酸をつくる過程を乳酸発酵といい、チーズ、ヨーグルト、味噌、しょう油、漬物、日本酒、ワイン、パンなどの製造に幅広く利用されています。
    ビフィズス菌、ヤクルト菌、LG2、KW乳酸菌、コッカス菌など100種類以上あり、動物のミルクなどに生息する動物性乳酸菌と、植物の葉や果実の表皮に生息する植物性乳酸菌に大別されます

    なかには、人間の腸内で悪い細菌や病原体からからだを守るはたらきをしているものもあります。

    納豆菌
    乳酸菌園稲わら、枯草、落ち葉など、自然界に存在する枯草菌の一種で、とくに稲わらにすむ枯草菌を納豆菌と呼んでいます。
    蒸した大豆に納豆菌をつけて発酵させたものが納豆ですが、大豆の成分が分解されて、ビタミン類やアミノ酸が非常に増えることがわかっています。
    また、納豆菌が生み出すビタミン類には、カルシウムを吸着させて骨を丈夫にする作用があるといわれています。

     

    酢酸菌
    エタノールを酸化して酢酸を生み出す細菌のこと。
    糖や炭水化物などが酵母によって発酵し、エタノールを生成するような場所に存在し、自然界では花の蜜や果実などからも取り出すことができます。
    酢酸菌を活用する代表例は、酢の醸造です。
    蒸した米に麹を入れ、アルコール発酵させて「もろみ」をつくります。
    そこに酢酸菌を入れると発酵し、酢ができます。
    原料が米なら米酢、りんごならりんご酢になりますが、もしワインに酢酸菌が混入したら、ワインビネガーという酢になります。
    また、ナタ菌と呼ばれる酢酸菌を使ってグルコースなどの糖類を発酵させると、ナタ·デ·ココという食品ができます。

    酢酸には有機酸やアミノ酸が豊富に含まれており、疲労回復や血圧の上昇を抑制する効果があります。

    長寿遺伝子をONにする発酵食品の賢い摂り方

    健康に長生きする-。それはだれもが強く望んでいることでしょう。
    しかし、その一方で、寿命は遺伝だと思い込んでいる人も少なくありません。

    両親ともに高血圧だから……」

    「我が家は代々がんの家系だから……」というように。

    では、本当に寿命が遺伝かといえば、答えはNOです。
    たしかに、要因の25%は遺伝が関係していることが研究で明らかになっていますが、

    あとの75%は環境。
    つまり、生活習慣なのです。

    実は最近、老化を遅らせ、寿命を延ばすはたらきのある長寿遺伝子が見つかりました。
    「サーチュイン遺伝子」といいます。

    サーチュイン遺伝子は、アメリカ·マサチューセッツ工科大学のレオナルド·ガレンテ博士が酵母から発見したもの。
    その後の研究から、地球上のほとんどの生物が飢餓対策として獲得し、寿命を延ばすはたらきがあることがわかりました。

    この長寿遺伝子はだれもがもっており、うまくはたらかせることができれば、平均寿命は100歳を超えると期待されています。
    しかしなが一ら、ふだんはほとんどはたらいていません。
    これでは宝の持ち腐れです。

    では、どうすればはたらかせることができるのでしょうか。

    現在、アメリカのウィスコンシン大学で、人間に近いアカゲザルによる実験が長期にわたって行われています。
    アカゲザルを、エサを満腹になるまで与えるグループと、30%減らしたグループに分け、それぞれの加齢変化や寿命を調べるというものです。

    それによると、エサを30%減らしたグループは、動作が機敏で、見た目も若々しく、寿命も20~30%延びることが確認されました。
    摂取カロリーを制限することが、からだの老化を進める活性酸素の発生を抑え、長寿遺伝子を活性化させることがわかったのです。

    このことからも、人間の寿命を左右する環境要因のなかでも、とくに食生活が重要であることがおわかりいただけると思います。
    日々の食事を満腹になるまで食べていると、からだの老化が進み、見た目も老け込み、みすみす寿命を縮めることになります。

    あなたのなかの眠れる長寿遺伝子のスイッチをONにする要は、「腹7分目」です。
    それをどうか心に刻み込んでください

    理想の食事は「マイプレート」と「腹 7分目」

    米国農務省は、2011年6月、健康的な食生活を推進する新しい食事ガイドライン「マイプレート」を発表しました。これは1回の食事を一皿に見立て、何をとれだけ盛りつければバランスのいい食事になるかをひと目でわかるように示したものです。

    それによれば、皿の半分に野菜や果物、4分の1に魚や肉、豆類などのたんぱく質、最後の4分の1にごはんやパンなどの炭水化物を配分し、そこに適量の乳製品を加えています。

    このバランスは健康長寿を目指す意味でも、理想的な食事といえるでしょう

     

    食事らしい食事を摂るのは夕食だけです。

    バランスを見ても、野菜や果物をたっぷりと摂り、肉より魚の割合が多く、ごはんなどの炭水化物はほんの少し。
    トータルの摂取カロリーが低く、しかも「マイプレート」のバランスに近いことがわかります。

    百寿者の方に1日の食事内容を聞いてみると、摂取カロリーが少ない場合がほとんど。

    みなさん、長寿遺伝子をONにする食生活を、無意識のうちに実践しているのです。

    健康長寿の秘訣は、栄養バランスと「腹7分目」です。
    この食べ方と食べ順でラクラク「腹7分目」

    今まで好きなものをおなかいっぱい食べてきた人にとって、食べる量を減らすのはつらいと感じるかもしれません。
    しかし、大丈夫。
    無理なく摂取カロリーを抑え、健康長寿の理にかなった食べ方があるのです。

    まずは、よく噛むことです。
    やわらかい食べ物があふれている現代で一は、たいして噛まずに飲みこむクセがついてしまっている人も少なくないはず。
    また、早食いの傾向の人も噛む回数が少ないはずです。
    そこで1ロ30回、意識的に噛むようにしてください。
    噛むことが脳の満腹中枢を刺激し、食べる量が少なくても満腹感を得ることができます。

    血糖値を急激に上昇させない食べ方をすることも大きなポイントです。

    炭水化物である米やパンなどをたくさん食べると、食後に血糖値が急上昇し、インスリンも急激かつ大量に分泌されます。
    すると今度は血糖値が急降下し、空腹感を覚えます。
    そこでつい甘い物などを食べてしまうと、また血糖値が急上昇するのです。

    血糖値

    これと同様のことが、食事を抜いたときにも起こります。
    たとえば、朝食を抜いた状態で昼食を摂ると、まるで乾いたスポンジが水分を吸い

    こむように、食べ物の栄養が吸収され、血糖値の急上昇と急降下を招くのです。
    こうした血糖値の乱高下を繰り返すと、消費されなかった余分なプドウ糖が脂肪として蓄えられ、太ってしまうのです。
    不本意な肥満を招かないためにも、血糖値が上がりにくいものから順番に食べましょう。
    最初に食物繊維が豊富な野菜や海藻、次に汁物、3番目に魚や肉、最後にごはんやパンという順番が理想です。
    実際にこの順番で食べると、野菜や汁物がおなかにたまり、ごはんやパンの量を無理なく減らすことができるうえに、太りにくいからだを手に入れることができます。

    「レスベラトロール」で長寿遺伝子を活性化

    アンチエイジングに関する研究がさかんに行われている昨今、長寿遺伝子を活性化させる、とある物質が話題になっています。
    赤ワインなどに多く含まれる「レスベラトロール」です。

    レスベラトロールというのはポリフェノールのひとつで、赤ブドウやビーナッツの皮などに微量に含まれています。
    この成分を投与したマウスの実験から、食事の摂取量を制限したり運動をしなくても、長寿遺伝子のはたらきが高まることが判明したのです。

    また、別の研究によると、レスベラトロールには認知症の症状改善や予防に有効であることも明らかになっています。認知症

    長寿遺伝子の活性化にせよ、認知症の予防効果にせよ、赤ワインの健康長寿における可能性には大いに期待したいところです。

    とはいえ、赤ワインはアルコールですので、過剰摂取は肝臓に悪影響を及ぼします。
    せめて1日にグラス1杯から1杯半くらいの適量を守り、くれぐれも飲み過ぎには注意してください。

    「テロメア」が老化のスピードを左右する?

    そもそもなぜ人間は老化していくのか-それを細胞から考えてみましょう。

    細胞は古くなると、細胞分裂によって新しい細胞に交換されます。
    それによりからだは若々しさを保っているわけですが、細胞分裂は永遠に繰り返されるわけではなく、正常な細胞は50回くらいが限度といわれています。

    そのメカニズムのカギを握っているのが、「テロメア」です。

    テロメアは、細胞内にある遺伝子のDNAの末端にキャップのようにくっついていて、DNAを損傷から守り、遺伝子を安定させる役目をたしています。
    このテロメアは、細胞分裂を繰り返すたびに短くなり、やがて消えてなくなります。
    すると細胞も遺伝子が不安定になることを阻止するため分裂することを停止し、若い細胞が生まれなくなります。
    それが人間の老化の一因ではないか、と考えられています。

    こうして見ていくと、テロメアはあらかじめ細胞の分裂回数を規定して、寿命を決める老化時計のようなもの、といえなくもありません。

    ところが、テロメアの短縮はだれでも同じというわけではなく、さまざまな環境要因に影響を受けていることがわかっています。

    テロメアに関するある調査によれば、太っていてコレステロールが高い人は、細胞分裂が短時間に起こるため、テロメアの短縮が早まることが確認されています。
    また、たばこを吸う人の短縮が、吸わない人よりも早いこともわかっています。DNA
    このように細胞の老化の進み方は、生活習慣によって左右されるのです。
    からだは細胞によって成り立っています。

    テロメアを長持ちさせ、老化をスローダウンするためにも、食べ過ぎ、喫煙、運動不足などの悪しき生活習慣を改善することが大切なのです。

     

    <以下シリコンバレー式自分を変える最強の食事より抜粋>

    IQは「食べ物」しだいで変わっていく

    完全無欠ダイエットの恩恵を受けたのは、僕だけじゃない。
    僕はコンサルティングを通じて、セレプリティ、スポーツ選手、起業家、CEO、プロのポーカープレーヤー、ヘッジファンドのマネジャーなど、ちょっとだけパフォーマンスを高めることが勝敗を分ける分野で彼らが超一流の仕事ができるよう、お手伝いしている。
    優秀なアスリート、ボディビルダー、ハリウッドスター、人気アーティストも、完壁なルックスを手に入れ、究極の集中力とエネルギーを発揮するために完全無欠ダイエェットに頼っている。
    オンラインでは5万人を超える人々が完全無欠ダィエットの原則を利用して、僕と僕のクライアントたちが経験したのと同じように、人生を変えるほどの減量とパフォーマンス向上を実現し、目覚ましい成果をあげている。

    驚異的なエネルギーレベル、知力アップとともに、かなりの期間にわたって1日0.5キロのペースで減量を達成している。

    あなたは自分の食べるものが心身のパフォーマンスにとても大きく影響していることに驚くかもしれない。
    僕も最初はそうだった。だが実際、自分の体をきちんとコントロールして望みどおりの結果を出したいとき、食事以上に影響力の大きい要素はない。

    運動も食事と比べると、たいしたことはない。
    大げさに聞こえるかもしれないが、あなたの食べるものはあなたの体重のみならず、1Q (知能指数)、ストレスレベル、病気の危険、パフォーマンス、老化、そして意志力までの基礎なのだ。

    あなたはあなたが食べるもの、ということだ。

    食卓にあげるものの選択を変えるだけで、こんなにも多方面のことが改善されるなんて、信じられないだろうか。
    だが完全無欠ダイエットを実践していけば、わずか2週間以内に答えが出る。
    そのあいだにあなたはお腹を空かすことなく、毎日0.5キロ体重を減らしていくだろう。

    みごと完全無欠になり、つねにハイパフォーマンスの状態で生きていく準備はできているだろうか? では、始めよう

    Amazon.co.jp: シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 eBook: デイヴ・アスプリー, 栗原 百代: Kindleストア
    Amazon.co.jp: シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 eBook: デイヴ・アスプリー, 栗原 百代: Kindleストア

    ぜひ、一読ください

    コメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    タイトルとURLをコピーしました