乾物

スポンサーリンク
乾物

【発酵食品 乾物】昆布・わかめ・のりの種類と成分(わかめと昆布のちがい)

乾物は干すこと、(水分を抜く)太陽エネルギーを浴びることによって栄養価が何倍にも上がります。 さらにおいしさもUPいたします。 もっと良いことに保存性も長くなります。 良いことずくめの日本伝統の食材を活用しましょう。
2021.01.13
乾物

【発酵食品 乾物】干し芋,干し椎茸,凍り豆腐の種類と成分

乾物は干すこと、(水分を抜く)太陽エネルギーを浴びることによって栄養価が何倍にも上がります。さらにおいしさもUPいたします。 もっと良いことに保存性も長くなります。 良いことずくめの日本伝統の食材を活用しましょう。
2021.01.13
乾物

【発酵食品の乾物】『切り干し大根』について!

干し大根に最適なのは、「青首大根」です。 生の大根と比べ、タンパク質や炭水化物、カルシウムが大幅に増加。 カリウムも多いので、体内の余分な塩分を排出してくれ、高血圧の予防に役立ちます。 血中コレステロールを減らし、整腸作用のある食物繊維や、貧血を予防する鉄も豊富。 便秘や貧血に悩むときは、とくに意識して摂りましょう。
2021.01.13
乾物

【発酵食品と保存食】「乾物」の基礎知識

太陽のエネルギーがもたらす作用は大きく、殺菌、漂白、保存、旨味、味、香りビタミンはじめ多くの栄養分を増幅させる力が発生しまします。 例えば大根、生では、大根おろしに見る消化酵素ジアスターゼがありさっぱりとした清涼感が味わえます。 それを干し大根にすることによってビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維など多くの付加価値が生まれるわけです。 生椎茸から干し椎茸、生昆布から乾燥昆布、夕顔から干瓢、生かっおからかつお節が作られてきました。
2021.01.13
乾物

干物!(発酵魚介類)日干しと塩蔵という発酵方法

干物は魚介類を下処理して不要の部分 (内臓など)を取り去り、食用の部分に塩をして、 基本的に太陽光と風によって乾燥した物です。太陽光は熱源としてだけでなく、豊富な紫外線によって腐敗菌を殺菌し、魚が腐敗するのを防ぎます。
2021.01.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました