発酵と微生物

スポンサーリンク
カビ

【カビ】対策!常識と非常識&効果的なカビ剤とは?

今日の防カビの技術水準は、日本が世界で最高です。 効力や性質がより優れた防カビ剤を望む声が聞かれますが、それよりも、いま入手できる防カビ剤を合理的に活用する技術を向上させることと、それによって激しいカビ被害に対する的確な防止対策を確立することが先決です。
2021.01.12
カビ

【カビ】いろんなところのカビ対策,食品カビからエアコンカビ

頭の痛いカビ対策 カビについての常識・非常識、知ってること、知らなかったこと、情報が氾濫しています。一つづつ整理していきましょう。 カビはこすっても意味が無いのです。
2021.01.12
カビ

【カビ】食中毒・アレルギー・水虫・真菌症(カビ対策には乾燥が必要です)

健康な人の皮膚の表面、口腔、鼻孔中、目の中などあらゆる場所に健康を守り、病原菌の発育を阻止する微生物が数多く活動している事実をよく理解する。 人の健康に脅威を与える恐ろしい細菌とカビが人の身体の内外で猛威を振るわないように、微生物が各所でミクロの戦いをして人体を安全に守っているのです。 この大切な微生物の活性を低下させないように努力する。
2021.01.12
カビ

【カビ】良いカビ悪いカビ!カビと食品、発酵食品を作るカビ。

一般の人の多くは、カビに対して不潔なイメージを持っていて、臭く、病気の原因になるからなるべく殺菌、消毒して消滅させてしまうのが生活の面でも重要だとおもっているでしょう。 しかしカビの仲間のうち、人の生活と健康を支えている種類は、全体の99%をも占めます。 特にコウジカビは、日本人の健康の基本となるほど大きな貢献をしているのです。
2021.01.12
カビ

【カビ】の生態について!そもそもカビって何?キノコもカビ?

カビを知ってますか? キノコと同じくらい知ってますか? おいしいキノコか毒キノコかを、よく知っているアマチュアは多い。 一方、カビに詳しいアマチュアというのはあまり聞いたことがない。 カビを観察したり調べたりするのは、ごく少数の専門家に限られている。 食物の観点からすると、カビとキノコの最大の違いは、おいしく食べられるものがあるか否かだ。 キノコを紹介した本は多いが、カビの本は非常に少ない。
2021.01.12
発酵と微生物

発酵とお茶、乳酸菌とお茶の歴史(おいしい碁石茶)

ここでいう発酵とは微生物の作用を利用したものではなく、葉に含まれている酵素の働きを利用したものですから、本当は発酵の言葉を使うのは不適当ですが、古くからこのような言い習わしがされています。 
2020.07.18
発酵

微生物(カビ,酵母,細菌)と発酵の関係は?

発酵とは微生物「カビ,酵母,細菌」(乳酸菌、麹菌、酵母菌、納豆菌、酢酸菌など)の働きによって食物が変化し、 人間にとって有益に作用すること。反対に、有害な場合は腐敗となります。
2021.01.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました