免疫力

スポンサーリンク
免疫力

ウィズコロナの時代 抗菌物質 抗ウィルス剤 抗真菌薬について

抗生物質の多くはバクテリアからつくられるが、真菌からつくられるものもある。 研究室で化学的に合成される抗生物質もある (これをデザイナードラッグという)。 抗生物質はときにアレルギー反応を引き起こす。 耐性菌の出現は、急速に世界的な問題となっている。
免疫力

ウィズコロナ時代の免疫力 身の回りの菌-ピロリ菌からO157

化粧品も菌の隠れ場所になりうる。耳のなかの皮膚はほかの部位より湿り気があってバクテリアが多いので、感染の危険はやや高い。どんなにたくさん菌を飲みこんでも、ふつうは胃酸がほとんどの細菌増殖を防いでいる。 本来なら腎臓、膀胱、それに左右の腎臓から膀胱につながる尿管では微生物は増殖しない。
免疫力

身の回りの菌-ウィズコロナ時代の免疫力UP

子どもには歯ブラシを共用しないように教えること。 汚れたものは捨てて、新しいものを使うこと。 菌は乾燥を嫌うので、乾いた歯ブラシには少ない。
免疫力

ウィズコロナ時代の免疫力、ニキビとふけに気を付けよう

ティーンエイジャーにとって、より深刻な悩みの種はアクネ菌、ごぞんじ、にきびの病原である。 皮膚のなかの皮脂腺という小さな腺が皮脂という脂肪様の物質を分泌する。 アクネ菌はその皮脂を食べて生きているので、皮脂が増えれば菌も増える。
免疫力

免疫力を上げるには?人間の皮膚には菌がいっぱいです。ウイズコロナの時代です。

ヒトは母親の子宮を出たときから、成長に必要なバクテリア(細菌)、真菌(かびやキノコや酵母の仲間)、原虫(単細胞生物)を身につけている。 人体を構成する数十兆個の細胞の一部は、その十倍にのぼる数のバクテリアのすみかとなっている。 体表はさまざまな微生物でいっぱいだが、体内はそうでもない。 例外は...
免疫力

免疫力を高めるマイタケのMDフラクションはこれからのウィルス対策だ

MDフラクションというマイタケ由来成分を、非常に重要視したのは日本ではなくアメリカでした。 ニューヨークにある米国随一のメモリアル·スローンケタリングキャンサー·センター(MSKCC)は、毎年約0万人の患者が訪れるという世界最大のガン専門病院です。 そのMSKCCが、MDフラクションが人の免疫力を活性化させ、ガン細胞を減らす効果があることに着目し、2000年代に入り、臨床実験が繰り返されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました